フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

アテンザ

アテンザ タイヤ交換 ミシュラン Pilot Sport 4

アテンザのタイヤ交換。選んだタイヤは「ミシュラン Pilot Sport 4」。スポーティーなタイヤだが、硬すぎずマイルド、路面のギャップをしなやかにやり過ごす。


Dsc_0806

ミシュランのタイヤを買うと、生産国がバラバラってケースがよくあるようだが、私のは4本ともドイツ製でした。

Dsc_0810

トレッドパターンはこんな感じ。


Dsc_0811

明日は、ワインディングを軽く流してみよう。

アテンザ エンジンオイル交換 REPSOL ELITE Prado

猛暑日が続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

そろそろアテンザのオイル交換をしなければと思いつつ、ここ最近は連日のように猛暑に襲われ、屋外で車のメンテンナンスをすることに危険を感じていました。
しかし、今週末は猛暑もちょっと一休み、朝から曇りがちで気温も(それほど)上がらず、ここぞとばかり、昼前からオイル交換を行いました。
今回、選択したオイルはPEPSOL ELITE Prado 0w-20。REPSOLといえばなんとなくバイクというイメージがありますが、4輪もあるんですね。100%化学合成で、通販価格3,500円程でゲット。最近は性能よりも家計優先ですので。。。
Img_10022

アテンザ エンジンオイル交換

今年のドライブシーズンも終わりかなってことで、アテンザのエンジンオイルを交換しました。今回からは、興味津々の娘がお手伝い。オイルチェンジャーを一生懸命ポンピング。オイルの注入も手伝おうとするも、手が届かず断念。

C360

アテンザ バッテリー交換

今年2月の車検時に、バッテリーの劣化を指摘されつつ放置してたが、やっとバッテリーを入手したので、台風一過の青空(炎天下)の下、バッテリー交換を実施。

バッテリーは前回と同じ、パナソニックのCAOSにしました。同じ品番がなかったので、後継の100D23L。交換後、明らかにパワーウィンドウの動きがスムーズになりました(笑
Img_0465
Img_0467

アテンザ 11年目の車検

無事に終了。

油脂類、クーラントなど一通り交換。

あと、タペットカバーパッキンにオイルのシミがあるということで、パッキン交換。

まだまだ乗り続けますよ~

アテンザ 9年目の車検

アテンザ、無事に9年目の車検を終えました。
走行距離も5万キロちょい超ぐらいなので、
部品交換等もなく油脂類、クーラントの交換のみ。

さて、あと2年のうちに乗り換えたい車が現れるか!?

アテンザ Go go 55,555

アテンザ、来週9年目の車検。
そしてやっと走行距離55,555Km。
全然、乗れてへんなぁ。。。

20120121_113055

アテンザ タイヤ交換 YOKOHAMA DNA S.drive

来年2月に9年目の車検を迎えるにあたり、嫁が運転できる車(AT車)への買い替えを検討してました。しかし、嫁がオープンツーシーター(自転車)を購入し、近所の用事にはほとんど不自由が無くなったため、アテンザを延命することにしました。

アテンザを下取りにだすつもりだったので、タイヤ交換を先延ばしにしていたのですが、その必要も無くなったため、早速タイヤを交換してきました。

これまで履いていたタイヤは、ブリヂストンのPOTENZA RE750というマイナーなタイヤ。今回はブリヂストン以外のタイヤに変えてみようということで、候補に挙げていたのは以下のタイヤです。

・DUNLOP DIREZZA DZ101
・MICHELIN Pilot Sport 3
・GOODYEAR EAGLE REVSPEC RS-02

いくつかのタイヤショップを見てまわり価格を調査したのですが、工賃、廃タイヤ代含め、だいたい9〜10万円ぐらいでした。で、近所のタイヤショップに相談しに行ったところ、候補になかったYOKOHAMAのDNA S.driveを薦められ、見積もり金額は79,000円弱でした。想定外の銘柄と価格に、持ち帰り検討とさせて頂きました。

で、本日たまたま寄ったYOKOHAMA系列のタイヤショップで、前回の見積もり価格をぶつけてみたところ、店員さんはビビりながらも「利益無いですが。。。」と言って77,000円を提示頂いたので、在庫もあったことから即決しました。

Img_0347

Img_0346

最近はすっかりファミリーカーと化し、張り切って走る場面も少なく、そこそこのスペックがあれば十分なので、なんとなく落ち着くところに落ち着いたなといった感じです。

タイヤショップから自宅へ、10数キロしか走ってないのですが、静粛性と乗り心地も向上し、グリップも粘りがある感じで良好です。これで、秋の信州ドライブも安心して行けそうです!

たまには洗車を。。。

花粉シーズンもようやく終わり、暖かくなってきたので久しぶりに洗車をしてみました。車には花粉と黄砂と思われる砂が大量にこびりついておりました。

R0013510

昨年に軽くボディーコーティングを施しておいたので、軽く水洗いするだけで結構綺麗になりました。今回は、初めてフロントガラスとサイドガラスの油膜取りもやってみました。今までぐーたら洗車+市販のガラス撥水剤(ガラコ)施工だったため、なかなかギラつきが取れなかったのですが、油膜取りで一発でクリアなフロントガラスが蘇りました。
R0013512
R0013514

久しぶりにピカピカになったマイアテンザ。こいつと一緒にロングドライブに行く日はいつのことやら。。。
R0013515

ちなみに夕方にはうっすらと砂埃が積もっていました(爆
黄砂よ、いつまで続くのか。。。

アテンザ スロットルボディの洗浄

約2年ぐらい前からアテンザのアクセルの引っ掛かりが気になっていました。特に冬場は症状がひどく、アクセルワークにすごく影響がありました。暖かい季節は何故か症状が穏やかになるのでずっと放置していたのですが、やっぱり気になるのでその処置をしました。

ネットで情報収集をしたところ、アテンザ(GG系)の初期モデルに特有の症状であることが判明しました。原因は、スロットルの汚れによる固着です。どうやら、ブローバイガスによって汚れたスロットルが悪さをしているようです。

それでは、スロットルボディの洗浄作業に取り掛かりましょう。アテンザのスロットルボディは、エンジンの前側、エアクリの直後にあります(って見れば分るか)。

Img_7031

スロットルボディを取り外す前に、アクセルワイヤー、スロットルセンサーのカプラ、サクションパイプをスロットルボディから外します。スロットルボディは4つのネジで留められているだけなので、これらを緩めて取り外します。一番奥のネジはかなり取り外しにくい場所にあるり、ネジを落としそうになるので、エアクリボックスをずらして作業をした方が無難です。

Img_7033

スロットルボディを取り外した後は、異物混入を防ぐためガムテープで蓋をしておきます。

Img_7034

さて、取り外したスロットルのエアクリ側ですが、こちらはまぁまぁ綺麗です。

Img_7035

それにくらべてエンジン側は、、、ブローバイガスで煤けてます。見た目は、銅色で綺麗な感じですが。。。

Img_7036

スロットルにパーツクリーナを吹きかけて、あとはひたすら磨くだけ。スロットルを開いてみると、温泉の浴槽に温泉成分が固まっているように、なにやら黒いものが固着しているのが分ります。どうやら、これがスロットルの動きを邪魔していたようです。

Img_7038

洗浄後のスロットルボディです。完全に固着物を取り除くことは出来ませんでしたが、スロットルの動きはスムーズになりました。

Img_7041

あとは、逆の手順で取り付けるだけ。外したホースやカプラも忘れずに差し込みます。

さて、洗浄効果を確めるため近所のスーパーまで買い物がてら乗ってみました。効果は恐るべし、アクセルの引っかかりも無くなり、スムーズにアクセルを踏めます。もっと早くやってればよかった。。。アクセルってこんなに軽いのか。。。これまで、かなり強くアクセルを踏んでたので、ちょっとは燃費が良くなるかも。

というわけで、スロットルボディの洗浄は定期的にやったほうが良さそうですね。

より以前の記事一覧