フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ドライブ

山梨・長野 県道ドライブ(終章)

今回目的としていた県道は走破。走り込むような峠は無かったが、のんびりと景色を眺めながら走るには良いかと。特に山梨県道7号(昇仙峡ライン)なんかはおすすめ。逆に、それ以外は一度走れば良いかな、といった程度。

帰りは、まず佐久のツルヤに寄って、お買い物。

Dcv094

Dcv115

佐久からR254で下仁田へ。交通量も少なく、相変わらずの快走路。

Dcv095

下仁田からはK45、湯の沢トンネル経由で上野村。

Dcv097

Dcv099

Dcv100_2

Dcv101

上野村からはR299で志賀坂峠を越えて秩父を目指す。志賀坂峠までは、山間の快走路が続く。

Dcv102

Dcv104

志賀坂峠を超えると、秩父の小鹿野町。ここで少し立ち寄り、嫁が食べたいと言ってた羊羹を購入。

Dcv108

これで、今回のドライブは終了。佐久から秩父までのルートはこんな感じ。佐久から自宅までは下道で4時間ほどで着いた。

20170708_225712

今回のドライブ全体のルートはこんな感じ。走行距離は403Km。天気に恵まれすぎて、長野の高原地帯でも相当暑かった。紅葉が見られる季節に、もう一度走っても良いルートだと思う。

20170708_225144

長野 県道2号 馬越峠

川上村集落を抜けK2へ入る。田園地帯から再び林の中へ、1.5車線程の細めの道を進む。峠へ続く道はあまり快適ではない。

Dcv085

馬越峠からは、今まで走ってきた田園地帯を望むことが出来る。ぐらいで、特に何もなし。

Dcv086

Dcv091

Dcv089

峠を下ると、快適な2車線道路となる。

Dcv092

Dcv093

そのままK2を小海まで走り、K2の探索は終了。

20170708_225617

長野 県道106号 高原地帯

信州峠を越えて長野県側に下ると、広大な畑が広がる田園地帯となる。まさか、こんなところに広大な畑があるなんて知らなかった。

Dcv075

気持ちが良いストレートが続く。しかし、路面は砂だらけ。。。

Dcv076

Dcv078

トラクターのある風景、絵になります。古いバスはいつの時代?

Dcv079

Dcv080

K106を走りきって、つぎはK2へ向かいます。

20170708_225542

山梨 県道610号 信州峠

今まで何回も信州に行ったことがあるのだが、まさかそのまんま「信州峠」っていう名の峠があることは知らなかった。興味が湧いたので、一度行ってみることにした。広域農道からK23で塩川ダムへ。

Dcv055

Dcv054

塩川ダムからがK610の始まり。幾つかの集落を1.5〜2車線の道がつなぎ、やがて信州峠へ至る。

Dcv058

Dcv060

Dcv061

Dcv062

Dcv065

Dcv069

峠手前から少し山深くなり、峠に登り詰める。

Dcv070

信州峠はこんな感じ。特に何もなく、眺望もない。ちょっとガッカリ。。。

Dcv072

Dcv073

峠を越えると長野県。ここからは長野県道106号となる。

20170708_225512

山梨 茅ヶ丘広域農道

次は、茅ヶ丘広域農道へ。途中の銀河鉄道展望公園で小休止。南アルプスの眺めが素晴らしい。

Dcv044

Dcv045

Dcv046

今年はドライブついでに日本酒の酒蔵めぐりをしているのだが、「山梨といえばワインでしょ」、ということでワイナリーに立ち寄ることに。事前にミサワワイナリーがあることをチェックしていたのだが。。。

Dcv050

Dcv051

まさかの休業中。帰宅後に調べてみると、今年の1月から休業中とのこと、リサーチ不足でした。

軽く農道を流して、次の県道へ。

Dcv048

Dcv052

Dcv053

山梨 県道7号 昇仙峡ライン 〜 県道27号 ホッチ峠

K7は言わずと知れた、昇仙峡の観光道路。何気に、初めて通る道だ。K7は、渓谷脇を通る1車線の道とその横をバイパスする道に別れる。今回は観光という訳でな無いので、バイパスルートを通る。それでも、渓谷の景色を堪能することが出来た。

Dcv021

Dcv022

Dcv025

しばらく水墨画的な景色を眺めながら進み、さらに山奥へと進んでゆくと、金櫻神社がある。道中の安全を祈願するために、ちょっと立ち寄る。杉が立派でパワースポットにもなっている模様。

Dcv034

Dcv028

Dcv030

Dcv032

ツーリングマップルでは、この金櫻神社を境にK7からK27へ変わっているようである。K27をホッチ峠に向かって進む。

Dcv036

2車線の快走路が続き、ほどなくホッチ峠に到着。自然記念物「ホッチ峠のマンジュウ石」の説明書きがあったが、まったくその存在は分からなかった。。。

Dcv039

Dcv038

Dcv041

峠から韮崎方面に下り、次は県道616号方面へ。

Dcv043

20170708_225434

山梨 県道104号 和田峠

甲府市街からK104で昇仙峡方面へ進む。市街地を抜けると、山の斜面を九十九折で一気に駆け上る。

Dcv018

和田峠手前に「みはらし広場」という、ちょっとした駐車スペースがある。ここからも甲府市街が一望できるが、相変わらず霞気味。

Dcv020

Dcv019

和田峠は気づかぬうちに通り過ぎ、昇仙峡へと続くK7へ合流する。

山梨 県道31号 太良峠

R140からR140バイパス方面へ右折すると、K31に入る。山梨らしい果樹園の広がる道を進んでゆく。

Dcv008

山の中に入り込むと幾つかの集落を抜ける。

Dcv009

太良峠までは1.5〜2車線の道が続く。走りにくいことは無いが、走って楽しい道では無い。

Dcv010

Dcv011

そして、K31最高地点の太良峠。ツーリングマップルでは「甲府盆地を一望する夜景の穴場スポット」とある。確かに甲府盆地が一望できたが、この日は残念ながら霞んで良くは見えなかった。

Dcv013

Dcv014

Dcv015

クリスタルラインへの分岐にもなってるようだ。

Dcv012

峠を越え甲府市街へ下っていくと、道がだんだん悪くなり、ついに1車線の極細道になってしまった。「対向車来るなよ」と祈りながら進むことに。。。

Dcv016

Dcv017

幸いにも対向車は来なかったが、一人のランナーが登ってくるのとすれ違った。極細道は長くは続かず、あとは2車線の道で甲府まで下りきった。K31のルート図は下記の通り。

20170708_225250

次の県道に行ってみよう!

山梨・長野 県道ドライブ(序章)

幸運にも晴れた週末、山梨・長野の県道を走りに行ってきた。今回のドライブは下道オンリー。埼玉の秩父から雁坂トンネル経由で山梨入り。

SNSやブログで知ったのだが、雁坂トンネルの通行券が自販機で少し割引されて販売されているらしい。初めてこれを利用してみた。自販機の場所はR140の影森駅前交差点近くの台湾料理屋の駐車場。販売枚数は2枚から。回数券をバラ売りしてるようだ。

Dcv002

Dcv004

Dcv005

通行券を購入して、いざ雁坂トンネルへ!

Dcv006

トンネルを抜けると、爽やかな青空が広がっていた。

Dcv007

R140を快調に走り、道の駅「花かげの郷まきおか」で、途中のコンビニで買ったパンとコーヒーで朝食。いよいよ県道ドライブの始まり、始まり。

群馬ショートドライブ

梅雨入りしてからようやく梅雨らしく、雨模様が続くようになってきました。そんな週末、晴れたら出かけるしかないでしょう。ってことで、群馬方面に軽くドライブに行ってきました。

なんとなく定番になってきた榛名湖。ちょっと怪しい空模様。

Dcv001_2

裏榛名を下って、中之条へ。中之条からはK53で水上方面へ。何気に初めて走る道。

Dcv010

Dcv011

Dcv015_2

K53を下りきった後は、新治広域農道にスイッチ。

Dcv017

Dcv018

次はK36で高山村方面へ。

Dcv023_2

R145(日本ロマンチック街道)で、再び中之条へ。途中にある酒蔵、貴娘酒造に立ち寄るが、ここでは酒の購入はできない模様。

Dcv025

さらに大塚温泉という気になる看板も発見。この日は30度超の真夏日、さすがに温泉に入る気も起こらず、次回の楽しみということで。

Dcv029

酒蔵で買えなかった酒を求めて、中之条の酒屋に立ち寄った後は、K35で渋川へ。その後R17(上武道路)を使って、下道で帰宅しました。走行距離は273Km。

Map20170624

より以前の記事一覧