フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ガーデニング

ほったらかしトマトを植えよう

さて、今年もトマトを植える季節となりました。昨年、BE-PALで連載されていた木村秋則氏のトマトの作り方をまねてつくってみたところ、想像以上に収穫があり、それに味をしめた私は、今年も同じ方法でトマトを植えてみることにしました。

今年の苗は、デルモンテ製の「トゥインクル」と「リトルサマーキッス」。一つ298円也、ちょっと張り込みました。

Img_6997

さて、植え方ですが。。。植える前に一手間。先端の葉っぱを残して全て切り落とす!!

Img_7000

なんだか、毛を刈られた羊みたいな感じ。切り口が乾くまで30分ほど放置。そして、これを横に倒して、先端部分だけを土の上に出して埋めてしまいます。

Img_7005

Img_7002

これでおしまい。あとは水もやらず、花が咲き、実がつくまでただただじっと待つ(ほったらかしにする)だけ。成長過程は、逐次お知らせします。

ほったらかしトマトの成れの果て

約半年間、本当にほったらかしにして育てた(?)トマトですが

いよいよ収穫の末期を迎えました。

先日の台風の影響で棚が傾き。。。枝や葉も枯れ始め。。。

R0012072

しかし、まだまだ元気な実や花もありました。

熟した実もいくつかあったので、それらを食べながら伐採しました。

R0012075

R0012076

 

「いい湯だなぁ~」って感じで、虫もトマトにどっぷり浸かってましたcoldsweats01

R0012074

半年間、本当に楽をして美味しいトマトを提供し続けてくれた事にあらためて感謝。

さて、来年は何を育てようか。。。

ほったらかしトマトの成長は続く

夏が過ぎ、九月半ば。

木村秋則氏の教えを忠実に守り、水を与えずトマトをほったらかしにしていたら

地面にまで伸びてきて、大変なことになってしまいました。

収穫をしながら、「そろそろなんとかせなアカンなぁ」と思いつつも、ほったらかし。

Dsc00292

地面に生るトマトってどうよ。。。

Dsc00300

車のバッテリー交換の勢いで、トマトの手入れもやってしまいました。

 

まずは、枯れている枝の剪定。トマトってわき芽がいっぱい出てきて成長するのだが

伸び行く生命を生かすためが、用無しになった葉っぱは、さよならって感じで枯らしていくんですね。

自然はすごいなぁ。。。

で、あちらこちらに伸びた枝先をどうしようかと考えたのだが、

結局、棚をもう一段増やして、そこに引っ掛けてしのぐことにしましたcoldsweats01

あと、からまって解きようがない枝は、そのまま紐でしばってぶら下げて。。。

強引につるしたため、バランスが崩れて柵が傾いてしまいました。

R0012051

それでも、だいぶすっきりしましたhappy01

フルーツのように房で生るトマト。

実を数えると、まだ150粒ほどありました。

R0012052

 

今回の手入れで、残念ながら落ちてしまったトマトたち。

R0012054

再び、こんなにほったらかしで良いんでしょうか?

いいんです、だって勝手に育つんだから。。。

トマト収穫間近に敵現る

ほったらかしトマト(と名づけた)は相変わらずグングン成長しております。実が赤くならないので心配していたら、数日前からいくつか赤くなってきて、今週中には収穫できるのでは無いでしょうか。

楽しみ!!

R0011535

ほったらかしトマトの育成の欠点を発見。気付かなかった、、、虫が美味しそうにトマトを食べていることを。。。

R0011534

この虫は、天に召されましたcatface

トマトの成長がとまらない

相変わらず水も与えず放置プレイ。それでもトマトは成長を続けています。

柵が追いつきません、もっと長いのを用意しなければ!

Dsc00129

ついに花も咲き、実をつけ始めました。早く赤くなれ~!

Dsc00132

トマトの成長記録

トマトを植えて、およそ1ヶ月が経ちました。木村秋則さんの教えに沿い、植えてからまったく水を与えてませんが、枯れることなくスクスクと育っています。数本のわき芽を抜いたり、つぼみを刈り取ったりというメンテナンスはしっかりやりました。これから先も、ただただ何もせず見守るだけ。いやぁ、ラクチンラクチン。

R0011425

トマト、無事根付く?

トマトを植えてから約2週間が経過しました。

それまで、一滴の水をも与えず、それでも枯れることなく、しおれることもなく無事に育ってます。

水を与えなくても育つんだ。。。

ただ葉や茎の成長は少し遅い感じがしますが、

きっと今は根をしっかりと生やしているのでしょう。

R0011311

一緒にうえた枝豆も無事に発芽しました。

こちらも水は一切与えず。

R0011315

これからも、水を与えないスパルタ育成を続けます。

トマト、栽培開始

さて、気候もすっかり春らしくなり、安定して暖かい日が続くようになりました。

植物を育てるのにも良い気候、

ということで今年もトマトを植えることにしました。

今年はバイブルに頼ることにします。

奇跡のりんご」の著者 木村秋則氏が、

アウトドア雑誌「BE-PAL」の連載で土作りからトマトの植え方までを指南しており

今回はなるべくこれに忠実に栽培してみることにしました。

まず、買ってきたトマトの苗を用意して、、

一番上の葉を残して他の枝は切り落とします。。。えっ、これでいいんですか!

少し可愛そうですが、言われるがままに。。。

R0011307

次に、苗を横に寝かして土の中へ。。。

R0011309

残した葉を出して、あとは土の中に埋めてしまいます。

R0011310

トマトは、土に埋めた茎の部分からも根が生えるため

これでしっかり根がはれるそうです。

さらに水は(基本的に)あげないこと。

これによって、さらにトマトが根をしっかりはやすそうです。

しばらくは、何もせずにトマトの成長も見守るだけです。。。

次回の記事で、「枯れてしまいました」って報告にならぬよう祈ってます。