フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

旅行・地域

初、初島

ちょいと、熱海から船乗って、初島に行ってきた。

Img_0322

カモメをかっぱえびせんで釣る。

Img_0352

リゾート満喫〜

能登 輪島 御陣乗太鼓

石川県は能登半島、輪島といえば漆器や朝市が有名ですが、石川県無形文化財の御陣乗太鼓(ごじんじょうだいこ)も是非、ご堪能いただきたい。夏の間は毎夜、道の駅「ふらっと訪夢」で公演があります。

面をつけた男たちが一つの太鼓をとりまき乱れ打つ。太鼓の響きが闇夜を貫く。

Img_6392

Img_6396

Img_6405

Img_6423

Img_6426

公演後は記念撮影もあり、子供たちもおおはしゃぎ。
Img_6433

熊本出張のついでに JR九州三角線の旅

本当に久しぶりに首都圏を飛び出す出張をゲットして、いざ熊本へ! 出張という大名目の元、半日だけ気ままな一人旅を。。。

R0012540

天気は晴れ。大気の状態も安定しており、快適なフライトでした。熊本までの飛行コースは、本州の太平洋側をトレースするコースのようで、地形や道路を確認しながら陸を眺めていました。下記写真は、瀬戸内海のしまなみ海道上空です。

R0012568

さて、今回の旅は熊本駅始点の三角(みすみ)線というローカル列車に乗って有明の海を見に行こうというもの。熊本空港からレンタカーでもかりて、阿蘇あたりにドライブに行こうとも考えたのですが、あまり時間もなく、また翌日は朝早くから仕事だったため、久しぶりに列車の旅にしてみました。

熊本空港から熊本駅へバスで移動。高速を使うわけでもなく、また市街地を走るためかなり時間がかかってしまった。ローカル線の難点は列車の本数が少ないこと。三角線の時刻表を眺めながら冷や冷やしてましたcoldsweats01

R0012581

熊本駅の端のホームに三角線の列車(気動車)は佇む。

R0012583

熊本駅を出発すると、しばらくは田園地帯を走る抜ける。久しぶりに乗る気動車。電車のリニアな加速とは違った、エンジン独特の加速感が心地良かったりする。

R0012585

そして、有明海を望む海岸線へ。

R0012604

熊本駅から50分ほどで三角線の終点、三角駅に到着。海沿いなので港町のような雰囲気を期待していたのですが、ちょっと期待はずれ。

R0012610

船乗り場には、なにやら巻貝のような建物が。。。

R0012615

上に登れるようだが、クソ暑い日に人影は見えず、せっかく来たので汗をかきかき登ってみると、それは素晴らしい展望が広がっているのかと思いきや。。。夕暮れだったらもっと綺麗だったかも。

R0012620

ここで一時間ほどくつろぐ予定だったのですが、まったく時間を潰すことも出来なさそうな感じで、20分ぐらいの滞在で乗ってきた列車で引き返したのでした。。

帰りも綺麗な海を眺めながら、夏のひと時を堪能する。

R0012636

JR九州の列車に乗って気になったこと。ドアに「床に座らないでください」というステッカーが貼られているんですよね。

R0012651

これもお土地柄なのかしら。床に座れるぐらいすいてる列車に乗って、通勤してみたいものです〆

埼玉県こども動物自然公園のカピバラ

昨年12月の読売新聞の埼玉版の記事に釘付けになりました。

 

師走の動物園 愛らしさで人気…埼玉

 

写真を見ると、気持ち良さそうに温泉(ゆず湯)につかるカパビラが。。。すごく愛らしい顔をしています。ところでカピバラって、、、詳細はWikipediaで

埼玉県こども動物自然公園』の場所を調べてみると我が家から車で30分ほどの距離にある動物園でした。動物園なんて小学校の遠足以来行ってないかも。子供が産まれるなんてことがなかったら、こんなこと記事にも興味が無かったかも。

まぁ、こんな地方の動物園に人はあんまり来ないだろうと思っていたら、12時過ぎに到着すると正門の駐車場は満車で、臨時駐車場にまわされました。「お~、これは新聞によるカピバラ効果か?」なんて思いながら、園内の地図で場所を確認してカピバラのいるエリアに急行。なぜか、周りのみんながカピバラ目的で来園しているように見えてしまいます。そして、ついにカパビラとご対面!

Img_6754

まだ温泉には浸かっておらず、落ち葉のお布団でお休み中。かなり癒し系です。どうやら温泉タイムは午後2時からでした。一匹は死んでるようにおくつろぎ。

Img_6757

しかし、エサの時間になると起き上がりエサにまっしぐら。食べてるんだか寝てるんだか。。。

Img_6765

立ち姿もなかなか可愛らしい。

Img_6766

一度、退散して午後2時までブラブラと他の動物を見て周りました。ここの動物園は、一般的な動物園にいるメジャーな動物はあまりいませんが、人が少ない、動物が近い、待たずに動物を見られる、また動物と触れあえるところが多い、などのメリットは多いと思います。

さて、午後2時過ぎに戻ってきてみると、すごい人だかりが。。。これほどの人気とは。私達のようこれ目当てに来園してる人も多いんだろうな。

Img_6773

人込みをかき分けて温泉に接近、お~気持ち良さそうに温泉に浸かっておるぞ!

Img_6774

気持ち良か~spa

Img_6777

なぜか集合!

Img_6790

見つめる先は。。。「こいつら、何みとんじゃ。。?」

Img_6783

こんな温和そうなカピバラも喧嘩をするようで、二匹が別舎で治療を続けてました。怪我の跡が痛々しいです。

Img_6761

Img_6760

 

いや~、しかし本当に和んだし楽しめました。やっぱ空いてる娯楽施設は楽しいなぁ。仕事に疲れたら、またカピバラを見に来よう。この温泉は2月末までみたいですよ。埼玉近郊の方は是非見てみてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

富山地方鉄道 田添駅

ツーレポを書こうと思いつつ、能登のドライブから一ヶ月が過ぎてしまいました。

小出しにブログで紹介しておこうと思います。

 

初日は移動日と割り切って宿泊地の富山市内までの移動。

一気に北陸道・富山ICまで行くのも面白くないので

手前の滑川ICで高速を降りて、立山連峰に抱かれた平野地を通る地方道を軽く流した。

道路わきには赤くてかわいい花が咲き誇り、稲穂も頭を垂れ始めていた。

Img_63271

 

しばらくウロウロと走り回っていると、いい感じの風景が目に飛び込んできた。

田圃の隅にひっそりと佇む無人駅。

Img_63361

午後3時ごろだったので逆光だったのが残念。

ゴールデンウィークに立山を訪れた時、立山ICを降りて走っていると

並走して走る黄色と緑のローカルな電車が気になっていたんですよね。

まさしく、この路線ですね。

富山地方鉄道 立山線 田添駅

駅名の通り、田圃に寄り添うように存在する駅。

Img_63401

ホームには向日葵が咲いていた。

いや~、夏休みですなぁ。

R00117261

駅舎内には路線図と時刻表があった。

R00117271

「ちてつ」と呼ばれているようだ。

列車の本数も最低限確保されているみたい。

R00117282

次の列車の時間まではかなり時間があったため、列車と駅の写真はお預け。

夏休みの始まりを感じつつ、今日の宿泊地の富山市街に向かった。

大きな地図で見る

夏休みは能登の旅

今年の夏休みは、夫婦で能登半島へドライブに行ってきました。3泊4日という旅程で昨日帰ってきました。

嫁同伴ということで、『走り』よりも『観光』に重きを置いた旅でした。と言っても能登半島は広く、高速道で移動した距離を除いても400Km弱の走行距離となりました。

走行ルートは下記のとおりです(クリックで拡大します)。

Map

残念ながら天気には恵まれず、北陸への移動初日と帰途の最終日しか青空は見られませんでした。

それでも、日本海独特の海岸線の景色は素晴らしく、また(嫁の趣味の)日本伝統文化にも触れることが出来て、なかなか良い旅となりました。

詳細は、ツーレポか、もしくはこのブログでぼちぼち紹介していきたいと思います。

下の写真は、JR氷見線雨晴駅近くの海岸線です。

Img_6529

タイミングよく、忍者ハットリくん列車が通過しました。

R0012036

さよならハットリく~ん、そして僕の夏休みぃ~…weep

R0012038

大人が楽しむ鉄道博物館

甥っ子が大きくなって、埼玉に遊びに来たら行ってみようと思っていた鉄道博物館

葬式というおばあちゃんの引き合わせにより、すぐに実現してしまった。

夏休み、そして週末土曜日ということもあり、とんでもなく混んでると思い

数時間待ちは覚悟して行ったのだが、意外や意外、かなり空いておりました。

R0011694

だいぶブームは去ったのね。

鉄道好きの私、行ってみたらそれはもう楽しくて楽しくて、

結局、みんなと分かれて一人で別行動、写真を撮りまくってました。

電気機関車には大興奮、近くで台車や運転台、連結器なんかを覗き込んだり。。。

好きだなぁ 『EF58』 愛嬌があって、眉毛っぽい雨よけが好き。

R0011642

『ED75』もなかなか。個人的には『EF65』が好きなんだけど、展示がなかったんですよね。

R0011655

しかし、これが大人1000円で楽しめるなんて。年パス(Teppa倶楽部)買ってもいいかも。

入場券はSuicaシステム。

Img_6210

切符切り体験なんかもやっていた。懐かしいの一言である。

R0011652

ちなみに切符は無料配布です。

R0011651   

今の子供たちはSuicaやパスモが当たり前ですからねぇ。

と、まぁヘトヘトになるまで一日楽しんだのでした。

これからお盆に向かっては混雑すると思いますが、

それを過ぎると意外とゆっくり見学できると思います。

まだ、鉄道博物館にいっていない、そこそこ鉄道好きのあなた、

是非、足を運んでみてください。

立山黒部アルペンルート

さて、2日目は今回のツアーのメイン「立山黒部アルペンルート」です。

行こう行こうと思ってはや数年、ようやく立山、黒部ダムを見ることが出来ました。

が、やはりゴールデンウィークに行くもんではないですね。

乗り物を乗り継ぐたびに人ごみと1時間近くの待ち時間。

ツアーで行っても待ってばかり。

立山駅のバス待ち。。。(我々はケーブルカー待ち)

R0011300

室堂のトロリーバス待ち

R0011301

大観峰のロープウェイ待ち

R0011302

最後! 黒部ダムのトロリーバス待ち

R0011305

人ばかりを見ていた分、大自然の景観には感動しっぱなし。

室堂の雪原。

Img_5878

ウィンタースポーツをやらない私にとっては、久しぶりに踏みしめる雪の感触。

ちなみに写真の人物は私ではありません、あしからず。

雪の大谷ウォークは、少ししょぼかったのでヤメマシタ。。。

ちなみに今年の壁面の高さは15mだそうです。

Img_5879

大観峰からロープウェイを見下ろす。

Img_5889

想像以上にでかかった黒部ダム。

Img_5904_2

これで全行程終了。

くたくたになっても、帰りはバスと新幹線なのでグースカ寝るだけ。

とても楽した(けど待ち時間は辛かった)旅でした〆

でも、やっぱ自分の運転で移動しないので、物足りない気がしました。。。

金沢の夜

ツアー初日の宿泊地は金沢でした。

学生の時に来て以来なので、およそ15年ぶり。。。

ツアーに夕食は含まれてなかったので、

ホテルにあったガイドブックで適当に居酒屋を探して入ってみました。

適当に探した割には大正解でした。

おまかせ料理1人前2,500円で下記の料理を頂きました。

めちゃくちゃ美味かった。。。

つきだしに、ほたるいかの沖漬けと金時草(キンジソウ)の酢の物

R0011289

刺身の盛り合わせ

R0011290

牡蠣の昆布焼き

R0011292

はす蒸し

R0011293

鴨の治部煮

R0011294

もずく酢

R0011295

筍とさよりの天ぷら

R0011297

最後に焼きおにぎりで〆

くどいようですが、これで2,500円です。

大変満足してホテルに帰りました。

【お店情報】

 店名:金沢・地もの屋 なごみ

 URL:http://nagomi.x0.to/

R0011299

飛騨高山と白川郷

長いと思っていたゴールデンウィークも終わってしまいました…。

後半は雨でダメダメでしたが、前半は他力本願な旅(ツアー)に行ってきました。

5月2日は飛騨高山と白川郷へ。

飛騨高山は2度目の訪問だったので、観光よりも食食食。

Img_5815

レアな肉が上手かった。海老せんに寿司を載せるとは、ゴミが出なくて良いですね。

Img_5817

古い街並みや店もなかなか。版画の店がありました。

Img_5825

版画を皿にするとは、なかなかどうして、これがいい。

Img_5826

嵐のように高山の観光を済ませ(なんせツアーなもんで)、次は白川郷へ。

今日は連休初日にも関わらず、

高速道の白川ICから白川郷の駐車場まで10分程で辿り着いた。

ちなみに翌日の5月3日は、1時間以上かかったそうな。。。歩いた方が早いよ。

Img_5844

白川郷も2度目なので、さらりと流す。

今回のツアーのメインは翌日の5月3日なのだ。