フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 毎年恒例 晩秋の信州ビーナスラインドライブ | トップページ | 蓼科の朝 »

急げ! 夕暮れのビーナスラインへ

【注意】

この記事は、2009年10月31日のビーナスラインの状況です。先日に降雪があったため、今は積雪、凍結等があると思われます。今週末あたりにビーナスラインを走る予定の方は、事前に天気予報や道路状況をご確認の上、注意して走行してください。

 

上信越道・東部湯の丸ICをおりて、ビーナスラインの北側の入口に当たる武石に向かう。山岳地域の日暮れは早く、県道62号で日が沈んでしまうww。

Img_6575

武石の観光センタに着いたのは16時。県道464号(美ヶ原公園西内線)を一気に駆け上がります。いつもはこの道を下ってくるのですが、今回は逆に上りなので、いつもと違う景色が見られて、非常に楽しかったです。タイトなコーナーが続きなかなか楽しめます。緩やかな連続S字先に、ヘアピンコーナーを重ねて駆け上がる道が見えます。そそられますなぁ~。

Img_6587

白樺平はすっかり紅葉が終わり、冬の装い。寒そうに駆け下りるバイクを見届ける。

Img_6595

美ヶ原には綺麗な月が浮かんでいた。

Img_6599

外気温は10度以下。夕暮れで周りはすでに暗く、ゆっくり写真を撮っている暇も無し。一気にビーナスラインを駆け抜けた。

Img_6602

女の神展望台に着く頃には、すっかり日が暮れて夜に。月明かりに照らされた八ヶ岳が幻想的に浮かび上がります。

R0012121

蓼科にやってきたら、〆はやっぱり蓼科温泉共同浴場。ほぼ、毎年1回しか入浴してないのに、湯につかると毎週のように来ているかのような錯覚に陥る。「ごぼごぼ」と湧き上り掛け流される高温の湯につかりながら、ここ数ヶ月の激務の疲れを癒す。「あ~、極楽じゃ」。

R0012125

湯冷めしないうちに、今夜の宿「ロッジモーティブ」に移動した。(つづく)

« 毎年恒例 晩秋の信州ビーナスラインドライブ | トップページ | 蓼科の朝 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急げ! 夕暮れのビーナスラインへ:

« 毎年恒例 晩秋の信州ビーナスラインドライブ | トップページ | 蓼科の朝 »

twitter